いちご鼻+敏感肌2つの悩みリスク|刺激の強い化粧品の使用時

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

敏感肌だと、「また肌が赤くなったり、痒くなったりするのでは」と新しく基礎化粧品を購入しても不安ですよね。

「刺激の強い化粧品を使用した時の悩みやリスクから解放されたい!」そんな方のために、敏感肌さんだからこそ知っておきたい、基礎化粧品の選び方とオススメ品をご紹介します。ちなみに、私はいちご鼻という特典もついてますw

刺激の強い化粧品を使った時のお悩み・リスクとは?

敏感肌に刺激の強い化粧品はダメだと言われていますが、なぜダメなのか、そのメカニズムをご存知でしょうか?敏感肌のお肌の状態はお肌のバリア機能がちゃんと働いていない状態です。お肌の構造は積み立てられたレンガの様になっているのですが、接着部分(水分・潤い成分)が足りないために、レンガはガタガタ状態。

引用:Re Beauty 美肌を叶えるスキンケア情報サイト

外からの刺激や細菌を簡単に肌内部に伝えてしまうんです。なので、健康なお肌ではなんともないアルコールなどの刺激成分に対して、お肌が過敏に反応してしまいます。

敏感肌さんには化粧品の刺激が原因となり、顔が赤くなる、痒くなる、ピリピリと痛む、吹き出物が増加するなどの悩み・リスクが付きまといます。

化粧品の選び方を変えて敏感肌の悩み・リスクを解消しよう!

敏感肌は乾燥肌が極度に進行したものです。なので、しっかりとした保湿+お肌に優しい美容成分でお肌を労わってあげれば、自然と回復してきます。ここで問題となるのが「肌に優しい成分」です。敏感肌さんの場合、以下の成分を避けることが必要となります。

・アルコール(エタノール)

揮発性があるのでお肌の水分を奪ってしまいます。さらに、皮脂を取り去る働きもします。そのため、元から乾燥肌の強い敏感肌には向きません。

・パラペン

防腐剤として使用されています。いくつか種類がありますが、

ブチルパラべン>プロピルパラべン>エチルパラべン>メチルパラべン

の順に刺激が強いことで知られています。肌から吸収されやすい性質を持ち、皮膚の炎症やアレルギーを引き起こしやすいと言われ、敏感肌には向きません。

・合成着色料、合成香料

「合成着色料」や「香料」はお肌にとって必要なものではありません。

あらゆる刺激に弱い敏感肌さんには強い刺激となることでしょう。FDCDC、赤○○号などと記載されているものは避けましょう。

香料に関しては、何由来かが明記されていて本当に刺激の少ないものであれば良いですが、中には香料とだけ記載されている品もあります。丁寧にチェックしましょう。

さらに、

・無添加

・オーガニック

記載されている品に注意しましょう。

一言で無添加と言っても、アレルギーや肌のトラブルを起こしやすい成分「表示指定成分(全103種)」が入っていないというだけです。指定はされていないけれども、自分の肌にとって負担になる、または害になるような成分が含まれている可能性もあります。現在では全成分の表示義務があり裏面ラベルで確認できるので、内容をしっかり確認しましょう。

また、オーガニック製品=安全と考えるのも危険です。植物由来なので安全だと考えられがちですが、使われている植物にアレルギーがある方もいます。防腐剤などを使用していないので、使用期限を守らないと製品が劣化して思わぬ肌トラブルを招くこともあるでしょう。

日本ではオーガニック製品の基準がないため、例えばフランスのオーガニック認定の第三者機関である「エコサート」などの審査を通った品を選ぶことをお勧めします。

敏感肌さんでも安心して使えるソワンはお勧め!

ここまで敏感肌さんが刺激の強い化粧品を使用した時のリスクや、リスクを回避するための選び方をご紹介しましたが、いかがでしょうか?選ぶべき品は見えてきました?「正直、どれを選んだら良いのか分からない」という方も多いと思います。

そこでオススメしたいのが、「開き・黒ずみ・角栓」のトリプルケアができる毛穴ケア専用美容液のソワンです。今回ソワンをおすすめしたかったのは実際に私が【いちご鼻+敏感肌】という悩みがソワンで体験してみたからです。

ソワンの魅力ポイントは沢山ありますが、中でも敏感肌だから気になる以下の点をしっかりクリアしているのが最大の魅力です。

・ベースが「グリセリン+BG

低刺激かつ保湿性もありかつアレルギーの要素も少ないベース素材(保湿素材)です。敏感肌・乾燥肌さんようの基礎化粧品ではベースとして使用されることが多いです。

・無添加処方(合成香料 無着色 向鉱物 パラペン不使用)

上記でご紹介した、肌トラブルを起こす刺激物は排除しています。防腐剤として使われるハラペンの代わりに、より刺激が低い「フェノキシエタノール」を使用しています。

防腐剤は無いに越したことはないのですが、製品劣化を防ぐために入っていた方が商品を安全に使用できると考えられています。敏感肌用にはフェノキシエタノールが配合されることが多いです。

・安全性が高く刺激の少ない成分を採用している

例えば、刺激が強いと悪名高き界面活性剤ですが、化粧品の油分と水分を融合させるためには、どんな形であれ、界面活性剤が必要となります。そこでソワンが採用しているのは「PEG-60水添ヒマシ油」です。ヒマシ油から取れる安全性の高い乳液成分として知られています。

・厳選された10種類の超保湿”“超引き締め成分を高濃度配合

プラセンタエキス、アーチチョーク葉エキス、クレマティス葉エキス、ヒバマタエキスなどお肌を潤し、しっかり保水してくれる成分を配合しています。

まとめ

敏感肌で刺激の強い化粧品を使用すると、その後のリスクが怖いですよね。色々試してはダメで、悲しい思いをしてきた方もきっと沢山いるはずです。「敏感肌だから沢山の機能を求めてはいけない」なんて考えたこともあることでしょう。でも、そんなことは無いんです!

ソワン自体は敏感なお肌のことを考えて作られた毛穴専用美容液です。開発の経緯がそもそも敏感肌で悩んでいただけあります。だからこそ、敏感肌でもお肌を潤し美しい素肌に導くだけではなく、角栓・毛穴ケアも同時に行うことができちゃうんです。

敏感肌でまだ気に入った品が見つからない貴方。敏感肌のリスクや悩みを熟知して開発されたソワンだからこそ、きっと満足の行く使い心地を体験できることでしょう。60日返金保障制度もあるので、まずは試してみることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。